①学びの場の環境向上に関わる教材、備品など調達支援事業

【教材配布】
 ブルキナファソでは、小学校、中学校という義務教育段階において留年、退学となる子どもたちが多く存在します。家庭の事業、健康上の理由など様々な原因がありますが、十分な学力を身につけることができず留年、退学となる場合もあります。
 例えば、小学校1年生から6年生に進級していく各段階で、そうした子どもたちが存在していますが、中学校へ進学する際に行われる初等教育修了資格試験(CEP)の結果による留年もその一つです。

 教育の質ということが大きな問題ではありますが、教科書不足、教材不足ということも大きく影響していると考えられます。
 基礎的な学力は日常の反復的な復習、練習によって築かれていく部分があります。しかし、日本で使用されるようなワークブックのような教材を使用する機会は、ごく限られた子どもたちだけです。
 そこで、自学自習を可能にするため、子どもたち個々に教材を配布し日常的な学習を支援します。

ANNALLES (1)_R.JPG Mandjinao (6).JPG