新着情報

2019-11-01 20:05:00
 平素よりたくさんのご支援をいただき感謝申し上げます。

 現在、ブルキナファソでの事業は、7月にブセラ郡のトゥリポラ小学校、クベオ・ディウロ小学校の2校で学校トイレが完成し、10月にそれらの小学校で実施する公衆衛生講座を開催しました。現地の看護師である男性講師の講座の進め方もよく、その後の調査でも学校トイレが有効に活用されています。

 ブルキナファソの治安悪化から事業国の多角化の必要性を検討し、同じ西アフリカのフランス語国であるセネガル共和国で新たな事業地の選定調査を無事に終了し、事業展開を図るための準備を進めています。

 セネガルはブルキナファソ同様にフランス語を公用語とする国ではありますが、活動の候補地を訪ねる中で、生活様式、文化などの違いは当然ですが、教育行政の仕組みの違いを感じております。ただし、ブルキナファソ同様、学びの場の環境の向上、構築活動が必要とされる地域がたくさんあります。

 新たな国で最初から始めることはエネルギーを必要とすることですが、これまでと同じように現地の方々と連携し、関わる方々の笑顔につなげることができるよう励んでまいります。よりよい学びの環境の改善、構築への想いの実現に必要となる運営資金へのご支援を募るため、また、OJVSの活動をより知っていただくために街頭募金活動を開催しますので、皆様の活動へのご参加をお願い申し上げます。


【12月22日(日)】 ボランティア募集詳細


2019-11-01 20:02:00
 平素よりたくさんのご支援をいただき感謝申し上げます。

 毎月実施しております「学びの場の環境支援活動のための街頭募金活動」ですが、この度は、「台風19号被災地支援の街頭募金活動」として開催します。
 ご支援いただいた募金は、通常の使途と異なり、義援金として下記の福島県の社会福祉課に全額送金します。

「福島県社会福祉課:令和元年台風第19号災害義援金の受付について」

 皆様の活動へのご参加を心よりお願い申し上げます。


【11月24日(日)】 ボランティア募集詳細


1