新着情報

2019-07-05 14:21:00
 OJVSは2018年までにブルキナファソ南西州ポニ県の小学校で教室建設、住民と教員で構成された学校運営委員会による黒板塗装支援、学習教材配布、小学生の留年、退学の原因になっている算数の学力向上のために、小学生の計算能力調査を行ってきました。また、現地行政にOJVSをNGOとして正式に登録し、本年以降の活動基盤の整備を行いました。

 本年は名古屋NGOセンター様と真如苑様の共同事業である「東海地域NGO活動助成金」による「ブルキナファソ南西州ポニ県ガウアにおける教材配布を通じた初等教育修了支援と教員の学習指導改善事業」と一般社団法人アフリカ協会様(事務局:みずほ信託銀行株式会社様)の「公益信託アフリカ支援基金」による「ブルキナファソの僻地農村の小学校におけるトイレ建設と公衆衛生教育事業」を実施しています。

 またブルキナファソの治安悪化に伴い、ブルキナファソが国際協力機構(JICA)の草の根技協力事業の対象国から除外されたことから、他の西アフリカ仏語国での活動を開始するための調査、調整準備を開始しました。ブルキナファソにおいても、治安情勢を見極めながら、可能な限り支援を継続していければと考えています。

 よりよい学びの環境の改善、構築への想いの実現に必要となる運営資金へのご支援を募るため、また、OJVSの活動をより知っていただくために街頭募金活動を開催します。

 ぜひ皆様のお力を貸していただけますようお願い申し上げます。


【8月25日(日)】 ボランティア募集詳細